SSLサーバ証明書のメリットとは?

SSLサーバ証明書のメリットとは?

SSLサーバ証明書を導入する最大のメリットは、セキュリティの高いサーバ環境を手軽に用意できることです。一般的には、セキュリティ面が強調されますが、メリットはセキュリティ面のみに留まりません。

お客様の信頼獲得のための企業努力を無駄にしないこと

SSLサーバ証明書を導入するメリットは、お客様からの信頼を獲得するための様々な企業努力が無駄にならないように、セキュリティの高いサーバ環境を手軽に整備できることです。

サイトを運営されている方は、サイトを利用するお客様に満足していただけるように、お客様のニーズに沿った様々な顧客サービスを日々考え、実施されていることと思います。

そんな努力が実って、お客様から信頼・満足されるサイトづくりに成功しても、第三者にお客様の個人情報を盗まれるなどの事故に遭遇してしまうと、日々、お客様との間に構築して来た信頼を失ってしまうということもあり得ます。

SSLサーバ証明書は、お客様からの信頼を失うような事態に陥るようなことがないように利用するものです。そのため、SSLサーバ証明書を利用する際、以下のポイントが非常に重要と言われています。

  1. サイト訪問者が、安全に個人情報などをやり取りできるSSL環境を提供すること
  2. 公衆無線LANから接続するサイト訪問者にも、安全にサイトを利用できる常時SSL環境を提供すること
  3. サイト訪問者に、安全なSSL暗号化サイトであることを判りやすく伝えること

どのポイントもセキュリティに関連するものですが、実は、SSLサーバ証明書を導入するメリットは、セキュリティ面のみに留まりません。

SEO対策にも役立つ

2014年8月、Googleは、検索結果で、HTTPサイトよりもHTTPSサイト(常時SSLサイト)を優遇するようになりました。

HTTPSにすれば、無条件に良い検索結果が得られるわけはありませんが、同じようなコンテンツの場合、HTTPページよりもHTTPSページが確実に優遇されます。

ただし、Googleは、SSLサーバ証明書のチェックも行っているそうなので、正しくインストール必要があるそうです。

サイト訪問者の行動分析にも役立つ

サイト訪問者はどこから流入して来るのか?など、サイト訪問者の行動分析を行う場合、リファラ情報が利用されます。リファラ情報には、サイト訪問者が直前に閲覧していたWebサイトのURL情報などが含まれ、検索サイトや検索キーワードなどの情報を調査することを可能にしています。

リファラ情報は、無条件に送信されるものではありませせん。HTTPSページからHTTPページへ移動した場合、ブラウザは、リファラ情報を送信しません。このブラウザの仕様は、世界統一基準で決まっています。

リファラ送信の有無は以下のとおりです。

直前閲覧サイト 閲覧サイト リファラ送信
HTTPS HTTPS 有り
HTTPS HTTP 無し
HTTP HTTPS 有り
HTTP HTTP 有り

そのため、自社サイトがHTTPページで構成されている場合、HTTPSのページからのアクセスを把握できません。

ところが、昨今、GoogleやYahooなどの検索サイト、FacebookやTwitterなどのSNSサイトもHTTPS(常時SSLサイト)で運営されています。

そのため、自社サイトがHTTPページで構成されている場合、GoogleやYahooだけでなく、FacebookやTwitterからの流入状況も把握できないことになってしまいます。

幸い、HTTPSページからHTTPSページへ移動した場合、ブラウザは、リファラー情報を引き渡す仕様になっていますので、自社サイトのすべてのページをSSL化(常時SSL化)することで、この問題は解決できます。

サイト開発の手間削減にも役立つ

HTTPとHTTPSのページが混在している場合、リンクのパス指定やCookieの受け渡し処理など、HTTPページとHTTPSのページで異なるページづくりが必要になります。

ところが、すべてのページをSSL化(常時SSL化)した場合、リンクは相対パスで統一できますし、Cookieの受け渡し処理も統一できますので、サイト制作管理の項目を減らせます。

まとめ

SSLサーバ証明書を導入する最大のメリットは、お客様の信頼獲得のための企業努力を無駄にしないこと

SSLサーバ証明書による常時SSL化は、SEO対策に有効

SSLサーバ証明書による常時SSL化は、サイト訪問者の解析に必須

SSLサーバ証明書による常時SSL化は、サイトの制作管理を単純化する