GeoTrust トゥルービジネスID EV 申請手順

GeoTrust トゥルービジネスID EV

GeoTrust トゥルービジネスID EVの支払いを完了すると申請手続き案内メールが届きます。申請ページのURLが記載されていますので、クリックしてください。ログインの必要があります。

マイページにログインし、サービス > マイサービス > 該当するSSL証明書 > 証明書を申請する とクリックすることで、申請ページを表示することもできます。

サーバ情報

サーバタイプの選択
証明書をインストールするサーバの仕様を選択してください。分からない場合は、Other (not listed) を選択してください。

CSR
あらかじめ作成したCSRをコピー&ペーストしてください。
CSRのヘッダー(—–BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST—–)からフッター(—–END NEW CERTIFICATE REQUEST—–)まですべての行が必要です。

CSRの会社名・都市名などの入力は、DUNSナンバー英語登録情報の利用をお奨めします。GeoTrust トゥルービジネスID EVは、第三者データベース(DUNSナンバー or 登記事項証明書)で確認できた情報を元に発行されます。

以下のページで、CSRの入力内容確認ができますので、申請前に確認してください。
CSRデコーダー

GeoTrust トゥルービジネスID EV申請手順1

ハッシュアルゴリズムの選択
ハッシュアルゴリズムとは、SSL証明書の電子署名に使われる暗号化技術をことです。通常は、SHA-2を選択してください。

GeoTrust トゥルービジネスID EV申請手順2

技術担当者情報

取得代行会社の方は技術担当者に該当します。審査は米国で行われますので、英語(半角英数)で入力ください。マスターアカウントに登録した担当者の情報が自動入力されます。必要に応じて、変更してください。

GeoTrust トゥルービジネスID EV申請手順3

申請企業担当者情報

サイト所有会社に所属する正社員の情報を入力してください。取得代行会社の方ではありません。

電話確認は、この申請企業担当者の在籍を確認したうえで、申請企業担当者宛に行われますので、GeoTrustからの電話に対応いただける方を入力してください。

会社名・住所は、DUNSナンバー 英語登録情報の入力をお奨めします。審査がスムーズになります。

マスターアカウントに登録した担当者の情報が自動入力されますので、必要に応じて、変更してください。審査は米国で行われますので、英語(半角英数)で入力ください。

GeoTrust トゥルービジネスID EV申請手順4

認証方法の選択

GeoTrust トゥルービジネスID EVの審査では、WHOISのドメイン登録者情報(Registrant Organization)を利用して、申請ドメインの所有権確認を行います。WHOISのドメイン登録者情報が、申請企業と異なる場合、GeoTrustから、WHOIS登録者情報の変更依頼があります。

ここでは、GeoTrustの変更依頼に対応できない場合に行われる「ドメイン名の使用権確認」のためのメールアドレスを選択します。WHOIS(ドメイン登録者情報)で、申請ドメインの所有権確認ができる場合、このメールアドレスが利用されることはありません。

GeoTrust トゥルービジネスID EV申請手順5

「次へ」をクリックして、完了メッセージが表示されれば、申請完了です。

申請後の対応について

EV認証SSLのための提出書類ついて | 電話確認について

GeoTrust トゥルービジネスID EV