Comodo SSL(コモドSSL)は、クイックSSL プレミアムと同等レベルの証明書を安価に取得したい方にお奨めの証明書です。Comodoジャパン取扱いの「ドメイン認証タイプ」は、この証明書です。こちらで確認できます。

ダイナミック(動的)に生成されるサイトシールが使用できます。シールをマウスオーバーまたは、クリックするとドメイン認証情報が表示され、Webサイトの信頼度をアピールすることが可能です。

新規・更新に関わりなく、Comodo証明書発行時に30日の有効期限ボーナスをプレゼント中!

価格(新規・更新)

1年予約¥7,535(税抜 ¥6,850)
2年予約¥13,090(税抜 ¥11,900)
1年あたり:¥6,545
  • 複数年予約の場合、有効期間397日以内の証明書再発行を繰り返すことで、複数年利用可
  • 再発行は、当サイトのマイページから簡単に手続き可

複数をまとめて購入しても、別申請できます

Comodo SSLの特徴と仕様

Comodoジャパンのドメイン認証タイプ

Comodoジャパン取扱いの「ドメイン認証タイプ」を安く購入したい方にお奨めです。ただし、弊社のComodo SSLは、Comodo本社から発行されるグローバル仕様になります。Comodoジャパンによる独自追加の仕様はありませんのでご了承ください。

書類提出なしで、スピード取得できる

オンライン認証をパスすることでスピード発行されます。書類提出などの面倒な対応は一切必要ありません。当サイトでは、オンライン認証の方法をメール認証・DNS認証・ファイル認証から選択いただけます。

なお、個人や個人事業主の方でも取得いただける証明書です。もちろん、企業の方もご利用いただけます。

サーバ負荷を低減できるECC対応

CSRを生成する際の公開鍵暗号のアルゴリズムとして、ECC(楕円曲線暗号)を選べます。ECCは、サーバ負荷を低減しながら、サイトのセキュリティを高めることができる次世代の暗号アルゴリズムです。

ECCは、鍵長を2048bitから256bitへ削減できるため、公開鍵暗号の計算負荷を下げ、より多くの接続処理を実現します。RSAの場合、鍵長2048bitのCSRを生成する必要がありますが、ECCなら、鍵長256bitのCSRで申請することができます。(ECC 256bitは、RSA 3072bitと同等の暗号強度)

そのため、サイト訪問者の増加、常時SSL化など、サーバへの負荷が増大する環境で、サーバへの負荷を犠牲にすることなく、サイトのセキュリティを高めることができます。

仕様

名称Comodo SSL
タイプドメイン認証(書類提出不要)
発行対象個人・企業・団体
ドメイン数1
暗号化強度最大 256bit
PC対応Chrome 1.0~ / IE 6~ / Firefox 1.0~ / Safari 3.1~
スマホ対応Android 1.5~ / iOS 3.0~ / Windows Phone 7~
ワランティ$250,000
サイトシールコモド(Comodo)トラストロゴ
Comodo トラストロゴ
ライセンス体系1ライセンスを複数サーバにコピーして利用可能
利用環境により、複数ライセンスが必要になる場合があります。
ECC対応
耐量子コンピューター暗号(PQC)非対応
CTログ監視非対応
マルウェアスキャン非対応
発行までの目安最短5分程度 ※例外あり
キーワード審査とは?
再発行無料(有効期限内)
SSL証明書の再発行手順
更新有効期限30日前から、手続き可能
SSL証明書更新の流れ

Comodo SSL発行までの流れ

  1. アカウント登録
    • 英語表記(半角英数)で登録してください。申請は英語表記が必須です。
  2. 購入
    • 購入手続きへ」から購入してください。注文確認メール(請求書添付)が届きます。
    • 支払いを完了すると、支払い確認メール(領収書添付)と申請案内メールが届きます。
  3. 申請・審査
  4. 発行