EV認証SSL証明書の認証(審査)

EV SSL証明書を取得するには、CA/ブラウザフォーラム(インターネット上の安全なやり取りを維持するための団体)が策定した厳格な審査をパスする必要があります。
以下の確認が行われます。

ドメイン名の使用権確認

以下のいずれかの方法で確認が行われます。

申請情報の確認及び、申請団体の法的存在・事業の実在性確認

申請の際、登録した申請企業情報をもとに、確認が行われます。

登記事項証明書とDUNSナンバーによるダブルチェックが行われます。

  • 登記事項証明書による法的存在確認
  • 第三者データベース(DUNSナンバー)による事業の実在性確認
    DUNSナンバーで確認できない場合、弁護士意見書の提出が必要になります。

証明書に記載する英語または、ローマ字組織名の確認

EV SSL証明書は、公式に確認できる英語または、ローマ字表記の組織名(Organization)を記載する必要があります。

CSRに指定された組織名についての確認が行われます。

以下のいずれかの方法で確認が行われます。

有価証券報告書による確認

有価証券報告書をネット閲覧できる金融庁のシステム「EDINET(エディネット)」を利用して、有価証券報告書(1年以内)の表紙に記載されている「英訳名」を確認します。

Comodoの審査では利用されません。

英文商号の記載がある定款による確認

PDF化し、メール提出します。

  • 提出する定款は、以下の要件を満たしていることが必要です。
    • 最新の定款(全文)であること
    • 原本証明が追加されていること
      • 原本証明の記載例
        この定款の写しは、原本と相違ないことを証明します。
        2012年xx月xx日 (原本証明作成日 : 3ヶ月以内)
        東京都xxxx区xxxxxx (登記上の住所)
        株式会社xxxxxx (登記上の組織・会社名)
        代表取締役xxxxxx 印 (印鑑証明書の代表者名・登録印)
      • 最新の定款(全文)原本の最終頁余白に、原本証明を追加してください。
    • 原本証明で、押印した代表者印の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の原本)が添付されていること

英文商号の記載がある定款を用意する

弁護士意見書による確認

  1. 弁護士が作成した意見書をPDF化し、メール提出します。
  2. 提出いただいた意見書について、以下の審査が行われます。
    • 意見書を作成した弁護士の資格確認(日本弁護士連合会への登録確認)
    • 弁護士への意見書作成・署名の事実確認(日本弁護士連合会への登録電話番号宛て)

EV SSL証明書の申込確認

以下の書類提出の依頼があります。

  • Symantec / GeoTrust
    利用契約同意 / 申請責任者確認書
  • Comodo
    EV証明書申込書(Certificate request form) / 利用契約同意書(Subscriber Agreement)
    オンライン同意の手続きをすることで、利用契約同意書・EV 証明書申込書の提出をオンラインで完了することもできます。

電話番号の確認

第三者データベースによる電話番号の確認が行われます。

以下の第三者データベースが利用されます。

  • Symantec / GeoTrust
    DUNSナンバーまたは、iタウンページ
  • Comodo
    DUNSナンバー

第三者データベースで確認できない場合、弁護士意見書の提出が必要になります。

申請責任者電話確認

確認できた電話番号宛てに電話をし、申請責任者以外の第三者に申請責任者の情報を確認した後、申請責任者本人に電話があります。

  • 申請責任者以外の第三者に確認する項目
    • 申請責任者の氏名
    • 申請責任者の役職
    • 申請責任者のEメールアドレス
    • 申請責任者の連絡先電話番号
    • 申請責任者が申請団体の正社員として在籍していること
  • 申請責任者本人に確認する項目
    • 申請団体を代表して、EV SSL証明書を申請する権限をもっていること

Total 0 Votes:
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?