ワイルドカード Vs. マルチドメイン 証明書比較表

ワイルドカード証明書とマルチドメイン証明書は、1枚の証明書で複数のSSLサイトをカバーできるのは同じです。どのような場合に、どちらの証明書が適しているのか?違いを理解したうえで、活用することが大切です。

ワイルドカード証明書は、1つのドメインで複数サイトを運用する場合に、マルチドメイン証明書は、複数のドメインで複数サイトを運用する場合にお奨めです。

項目 ワイルドカード証明書 マルチドメイン証明書
指定方法 コモンネームに「*(アスタリスク)」を含むドメインを指定 証明書の拡張領域(SANs)に認証局がドメインを追加
対応ドメイン 同一階層のサブドメイン コモンネーム + SANs追加ドメイン
対応ドメイン数 無限 1 + SANs数
サブドメインへの対応 可(同一階層無限) SANsに追加することで可
異なるドメインへの対応 対応不可 対応可
サイト追加 同一階層サブドメインなら、追加可(再発行不要)
コモンネームと異なるドメインは追加不可
SANs数に余裕があれば、コモンネームと異なるドメインも追加可(再発行が必要)
証明書の種類 ドメイン認証SSL
企業認証SSL
ドメイン認証SSL
企業認証SSL
EV SSL
ブラウザ対応 PC可
スマホ可
ガラケー不可
PC可
スマホ可
ガラケー不可(コモンネームのみ対応可)
再発行 コモンネーム変更不可 SANs追加ドメインのみ変更可
メリット 同一階層サブドメインを利用した新サイトを無限に追加できる
管理労力の削減
あらゆるタイプのドメインに対応できる
管理労力の削減
デメリット 多様な階層のサブドメインに対応できない
EV SSLが存在しない
コモンネームとSANs追加ドメイン以外に対応できない
SANsに「*」を含むワイルドカードドメインを追加できない

SANsに「*」を含むドメインを追加したい場合は、マルチドメインワイルドカード証明書がお奨めです。

Total 0 Votes:
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?