2020年9月1日以降、サブスクSSL証明書の販売開始!【複数年割引も継続】

2020年9月1日以降、各種ブラウザが、有効期間398日を超える証明書を信頼できない証明書として、警告メッセージを表示させる仕様に変更されます。(2002年8月31日までに発行された証明書の場合、有効期間が398日を超えていても警告メッセージは表示されません)

その影響で、2020年9月1日以降、SSL証明書の最大有効期間は397日となります。そのため、複数年の証明書販売を終了する動きもあります。

世界標準の「サブスクSSL証明書」を採用することで、複数年割引も継続

当サイトは、世界標準の「サブスクSSL証明書」を採用することで、複数年証明書の販売を継続することにしました。

サブスクSSL証明書とは、複数年予約の証明書を購入した場合に、1年毎に有効期間397日以内の証明書再発行を繰り返すことで、複数年に渡って予約利用できるようにした証明書です。

1年毎の再発行には、認証局から届くメールから手続きすることが必要ですが、従来通り、複数年購入による割引メリットを受けることが可能になります。

1年予約説明:
1年間、再発行が何回でも可能な証明書

証明書の有効期限までの残日数に応じて、有効期間397日以内の証明書発行
2年予約説明:
2年間、再発行が何回でも可能な証明書

最初の1年:
証明書の有効期限までの残日数に応じて、有効期間397日以内の証明書発行

次の1年:
再発行日から、有効期間397日以内 or 2年予約の有効期限までの証明書発行
有効期間397日以内・2年予約の有効期限のいずれか早い方の有効期限で発行されます
最初の1年の証明書は、次の1年の証明書発行後48~78時間の間に失効処理されます

注意

2020年8月31日以前に発行された2年の証明書を再発行した場合でも、証明書の有効期間は最大397日に限定されます。

そのため、再発行された証明書が、再発行前より早く有効期限切れを迎える場合があります。

その場合は、再発行された証明書の有効期限を迎える前に再度、再発行することで、有効期限を延ばすことができます。