更新申請 セキュア・サーバID

以下は、セキュア・サーバIDを更新申請する際の申請準備からインストールまでの流れです。

申請準備をしっかり行うことで、シマンテック(Symantec)の審査をスムーズにパスすることができます。

セキュア・サーバIDを申請する前に確認されることをお奨めします。

他サイトで購入したセキュア・サーバIDも、当サイトで更新できます。
有効期限の残日数に応じて、有効期限が追加されるサービスも受けることができるので、有効期限で損をすることもありません 。

当サイトで取得したセキュア・サーバIDの更新

有効期限の60日前から更新の手続きができます。

更新対象のセキュア・サーバIDの有効期限残日数に応じて、有効期限が延長されるサービスも自動的に反映されます。

更新案内メールとインボイス案内メール

更新日60日前に、「更新案内メール」と「インボイス案内メール」が届きます。

支払い手続き

インボイス案内メールから、支払手続きを完了すると「申請案内メール」が届きます。

「申請案内メール」が届かない場合、前回の申請データを利用して、自動的に更新申請されています。
更新申請の状況は、マイページ > マイサービス から確認できます。
マイページでは、オンライン認証方法の変更・承認者メールアドレスの変更などを行えます。

申請準備

申請企業責任者の決定

セキュア・サーバIDの申請企業責任者は、以下に対応いただく方です。

  • 電話確認

申請企業責任者は、以下で確認できる必要があります。

  • DUNSナンバーまたは、iタウンページで確認できる代表電話番号に連絡し、在籍確認できること

法的存在確認への対応

セキュア・サーバIDの法的存在確認をスムーズにパスするには、DUNSナンバーの英語登録データの利用をお奨めいたします。

CSRの会社名・住所と当サイトから申請した会社名・住所が、DUNSナンバーの英語登録データと完全一致する必要があります。

  • DUNSナンバーのデータが、実際と異なる場合は修正してください。
    ただし、修正が反映されるまで、時間が掛かりますので、早めに手続きしてください。
    DUNSナンバーの登録データ修正方法

セキュア・サーバIDの法的存在確認では、登記事項証明書も利用されますが、CSRの英文会社名と当サイトから申請した英文会社名が、登記事項証明書記載の会社名の直訳として、相応しくないと判断された場合、変更されることがあります。

CSRの生成

現在、利用中のセキュア・サーバIDと同一のコモンネームで生成してください。コモンネーム以外の入力情報は変更できます。
DUNSナンバーの英語登録情報を入力してください。
CSRに追加ドメインを入力する必要はありません。追加ドメインは、申請の過程で入力できます。

オンライン認証の方法を選択

対応できる方法を以下から選択し、必要な準備をしてください。

  • メール認証
    コモンネームと追加ドメイン、すべてのウェブサイトについて、シマンテック(Symantec)からのメールをシマンテック(Symantec)指定のメールアドレスで受信できる方
  • ファイル認証
    コモンネームと追加ドメイン、すべてのウェブサイトにシマンテック(Symantec)のファイルをアップロードできる方
  • DNS認証
    コモンネームと追加ドメイン、すべてのウェブサイトのDNSレコードにシマンテック(Symantec)指定の認証文字列を追加できる方

お申込み(申請)

申請案内メール記載のURL(マイページ)から申請手続きをしてください。

申請企業責任者情報には、以下を入力してください。

  • 申請準備で決定した「申請企業責任者」の情報
  • 申請準備で確認した「DUNSナンバー」の英文会社名・住所・電話番号

認証(審査)への対応

オンライン認証

申請手続き完了後、オンライン認証にご対応いただく必要があります。各オンライン認証への対応方法は以下のリンク先ページで確認してください。

書類提出

書類の依頼がありましたら、提出してください。申請準備をしっかり行った場合、書類提出の必要はありません。

電話確認

第三者データベース(DUNSナンバーまたは、iタウンページ)で確認できた代表電話番号宛に電話が掛かります。

一定条件(審査履歴)を満たした場合、電話確認でなくオンライン認証が行われることがあります。

発行・インストール

  1. SSL証明書の発行
    シマンテック(Symantec)から、技術担当者様のメールアドレス宛に証明書が届きます。メール内の証明書をコピーして利用してください。
  2. SSL証明書のインストール
    中間証明書もインストールしてください。

他サイトで取得したセキュア・サーバIDの更新

有効期限の90日前から更新の手続きができます。

当サイトでは、新規・更新を区別した申し込み受け付けをしていません。申請の過程で、シマンテック(Symantec)に更新対象のセキュア・サーバIDが存在する場合、自動的に更新での申請受付を行います。

更新対象のセキュア・サーバIDの有効期限残日数に応じて、有効期限が延長されるサービスも自動的に反映されます。

他サイトで取得いただいたセキュア・サーバIDを当サイトで更新いただく場合、新規申請と同じ手続きをいただくことで、更新いただけます。

よくある質問