Symantec セキュア・サーバID ワイルドカード

Symantec

1年

¥401,850
(¥442,035)

シマンテック セキュア・サーバID ワイルドカード(Secure Site Wildcard) は、コモンネームにアスタリスクを追加したドメインを指定する仕様で、同一ドメイン内のサブドメイン(同一階層限定)に無限対応できる企業認証タイプのSSLサーバ証明書です。

サブドメイン毎にSSL証明書を取得する必要が無くなりますので、大幅なコスト削減が可能になります。

しかも、サブドメインを利用したサイトでも、ノートン セキュアドシールを利用することができますので、サイト訪問者にサイト運営会社の登記情報を表示でき、サイトの信頼度をアピールできます。

当サイトで、他サイト取得のセキュア・サーバID ワイルドカードを更新しても、Symantecの有効期限追加サービスを受けることができますので、損をすることはありません。

また、当サイトは、再発行の手続きを当サイトのマイページから簡単に申請することができます。

価格

1年 ¥401,850(¥442,035)
2年 ¥703,200(¥773,520)

新規申請・更新申請ともに同じ価格

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます

仕様

名称 シマンテック セキュア・サーバID ワイルドカード
Symantec Secure Site Wildcard
発行対象 企業・団体(個人不可)
タイプ 企業認証(原則、書類提出不要)
ドメイン数 サブドメイン(同一階層限定)
暗号化強度 最大 256bit
PC対応 Chrome 1.0~ / IE 6~ / Firefox 1.0~ / Safari 3.1~
スマホ対応 Android 1.5~ / iOS 3.0~ / Windows Phone 7~
ワランティ $1,500,000
サイトシール
ノートン セキュアドシール
ライセンス体系 複数サーバで運用している場合、サーバ台数分のライセンス購入が必要
ECC対応 非対応
マルウェアスキャン サイト感染を自動的に防止
発行までの目安 最短2営業日(通常:2~4日営業日)
例外あり
再発行 無料(有効期限内)
更新 有効期限60日前から、手続き可能

同一階層のサブドメインに無限対応できる

Symantec セキュア・サーバID ワイルドカードは、コモンネームにアスタリスク(*)を指定できる証明書です。(アスタリスクのないドメイン指定不可)

アスタリスクにドット(.)のないドメイン、つまり、同一階層のドメインに対応することができる仕様です。

ワイルドカード証明書のライセンス体系説明図
同一階層のサブドメインを1枚の証明書でまとめられる

セキュア・サーバID ワイルドカード取得後でも、同一階層のサブドメインで運営するサイトを何時でも追加することができます。

サブドメイン追加のたびに証明書を取得する必要がありませんので、サイト管理・証明書管理の手間を少なくすることができます。

ワイルドカード証明書のライセンス体系説明図その2
サブドメイン追加のたびに、取得する必要がない

ただし、セキュア・サーバID ワイルドカードは、携帯電話(ガラケー)からのアクセスに対応できません。スマホ対応はできます。

マルウェアスキャン

Symantec セキュア・サーバID ワイルドカードは、サーバ内のマルウェア(悪意のあるソフトウェアやコード)をスキャンし、サイト感染を自動的に防止する機能を保有しています。

サイト訪問者を守るだけでなく、検索エンジン対策(ブラックリスト扱い防止)にも効果を発揮すると言われています。

申請から発行までの流れ

  1. 購入手続き
    • このページの「カートに入れる」から購入してください。注文確認メール(請求書添付)が届きます。
  2. 申請手続き
    • 支払いを完了すると、支払い確認メール(領収書添付)と申請案内メールが届きますので、申請手続きしてください。
    • 企業認証SSL証明書発行までの流れを参考にスムーズに取得してください。
  3. 証明書のインストール
  4. 更新

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます