ECC版 CSRの生成 Apache

Apache で、ECCのCSRを生成する手順です。手順は、以下を前提に記載していますので、適宜、読み替えてください。

一般的なサーバ設定を前提にしていますので、お客様のサーバでのCSR生成を保証するものではありません。詳細は、レンタルサーバ会社、サーバマニュアルで確認してください。

コモンネームwww.example.com
秘密鍵の保存ディレクトリ/etc/httpd/conf.d/
秘密鍵ファイル名example.2015.key
CSRファイル名example.2015.csr

秘密鍵とCSRを生成

秘密鍵の保存ディレクトリへ移動

cd /etc/httpd/conf.d/

秘密鍵を生成

openssl ecparam -out example.2015.key -name prime256v1 -genkey

example.2015.key は、秘密鍵のファイル名(年号は上書き防止)
256 は、秘密鍵の鍵長(CSRの鍵長に反映されます)ECC 256bit は、RSA 3072bitと同等の暗号強度です。

秘密鍵をもとに、CSRを生成

openssl req -new -key example.2015.key -out example.2015.csr

example.2015.key は、秘密鍵のファイル名(年号は上書き防止)
解説:example.2015.csr CSRのファイル名(年号は上書き防止)

識別名(ディスティングイッシュネーム)の入力を求められるので、以下を参考に入力してください。

識別名入力例注意
Country NameJP国名を表す2文字のISO省略語
State or Province NameTOKYO所在都道府県名
Locality NameTOSHIMA所在市区町村名
都道府県の1つ下のレベルのみ
Organization NameEPICE CORP.正式英語企業名
Organizational Unit NameSALES DEPT.部門名・部署名
指定がない場合は – (ハイフン)
Common Namewww.example.comSSL導入サイトのURL
SSL接続の際のURL:FQDN
Email Address入力不要
A challenge password入力不要
An optional company name入力不要

CSRの確認

CSRは、コピー&ペーストで、証明書の申請に利用してください。

vi /etc/httpd/conf.d/example.2015.csr

CSRは、破線の行も含みますので、ご注意ください。

-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----
・・・暗号化情報・・・
-----END CERTIFICATE REQUEST-----

関連情報