CSRの生成 Microsoft IIS 8.X

以下は、Microsoft IIS 8.0(Windows Server 2012)及び、Microsoft IIS 8.5(Windows Server 2012 R2)で、CSRを生成する手順です。

一般的なウェブサーバでの基本的な手順を記載していますので、参考資料として確認してください。お客様のシステム環境や構成・設定状況などにより、手順や画面表示が変わることがありますので、ウェブサーバの仕様及び、設定手順等のご不明な点など、詳細は、レンタルサーバ会社・サーバマニュアルで確認してください。

以下の内容によって生じた結果について、弊社では一切の責任を負いかねることをご了承ください。

秘密鍵とCSRを生成

[ツール]から、[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を開いてください。続いて、[サーバー証明書]をダブルクリックしてください。

右側の操作メニューから、[証明書の要求の作成…]をクリックしてください。

識別名プロパティ画面が表示されますので、識別名(ディスティングイッシュネーム)を入力し、[次へ]をクリックしてください。

識別名入力例注意
一般名www.example.com
*.example.com
(ワイルドカードの場合)
SSL導入サイトのURL
SSL接続の際のURL:FQDN
組織EPICE CORP.正式英語企業名
組織単位SALES DEPT.部署名
部署がない場合、 – (ハイフン)
市区町村TOSHIMA都道府県の1つ下のレベルのみ
都道府県TOKYO都道府県名
国/地域JPを選択国名を表す2文字のISO省略語

暗号化サービスプロバイダのプロパティ画面が表示されますので、[Microsoft RSA Schannel Cryptographic Provide]を選択し、[ビット長]で、2048を選択して[次へ]をクリックしてください。

CSRを保存するディレクトリ、ファイル名を入力する画面が表示されますので、任意のパス、ファイル名を指定し、[終了]をクリックしてください。

指定したパス、ファイル名で生成したCSRがテキストファイルとして保存されます。

生成したCSRファイルを開き、証明書の申請に利用します。

CSRは、破線の行も含みますので、ご注意ください。

—–BEGIN CERTIFICATE REQUEST—–
・・・暗号化情報・・・
—–END CERTIFICATE REQUEST—–

キーペア(秘密鍵・公開鍵)のバックアップ

IIS 8.Xは、取得したサーバ証明書をインストールするまで、キーペアをバックアップできない仕様です。

サーバ証明書の申請中に[保留中の要求]に影響を与える変更を加えないよう、充分に注意してください。