DNS認証について

DNS認証は、申請ドメインのDNSレコードに追加した認証局指定の認証文字列を認証局のクロラ―が検知することで、ドメイン名利用権を確認します。

認証文字列取得方法

認証文字列は、申請手続き完了後、マイページで確認できます。申請手続きの完了ページでも表示されます。

  1. 「マイページ」 > 「証明書」 > 「すべての証明書」に移動
  2. 希望のSSL証明書をクリック
  3. 認証状況で確認できます。

対応方法

認証局により、DNSのレコードタイプが異なりますので、注意してください。

  • DigiCert / GeoTrust:TXTレコード
  • Comodo / Sectigo:CNAMEレコード

DNSレコードの入力方法は、DNSサーバの管理ページにより異なりますので、詳細はドメイン会社などのサポートで確認してください。

DNSレコードの反映ミスをした場合、お客様のサイトはアクセスできなくなります。DNS設定に詳しくない方は、メール認証 or ファイル認証を選択ください。

弊社は、DNS設定のサポートは一切行いません。

コモンネーム:www.abc.com の場合の入力例

DigiCert / GeoTrust : abc.com.(HostName)IN TXT xxxxxxxxxx(TXT Value)

Comodo / Sectigo : _xxxxxxxx.abc.com.(Alias/HostName)IN CNAME xxxxxxxxxx(Point To)

コモンネーム:abc.com の場合の入力例

DigiCert / GeoTrust : abc.com.(HostName)IN TXT xxxxxxxxxx(TXT Value)

Comodo / Sectigo : _xxxxxxxx.abc.com.(Alias/HostName)IN CNAME xxxxxxxxxx(Point To)

コモンネーム:sub.abc.com の場合の入力例

DigiCert / GeoTrust : abc.com.(HostName)IN TXT xxxxxxxxxx(TXT Value)
Comodo / Sectigo : _xxxxxxxx.sub.abc.com.(Alias/HostName)IN CNAME xxxxxxxxxx(Point To)

コモンネーム:*.abc.com の場合の入力例

DigiCert / GeoTrust : abc.com.(HostName)IN TXT xxxxxxxxxx(TXT Value)

Comodo / Sectigo : _xxxxxxxx.abc.com.(Alias/HostName)IN CNAME xxxxxxxxxx(Point To)

前の記事

ファイル認証について