2020年9月1日以降、Safariの信頼するSSL証明書の有効期間が398日に短縮される

Apple社から「2020年9月1日以降、Safariブラウザが信頼するSSL証明書の有効期間を398日(約1年+1か月)に短縮する」とのアナウンスがありました。

信頼済み証明書に関する今後の制限について

この結果、Safariは、以下のような挙動となりますので、ご注意願います。

証明書発行日Safariの表示
2020/9/1以降有効期間398日以内の証明書:信頼できる証明書として、SSL暗号化確立
有効期間399日以上の証明書:信頼できない証明書として、警告メッセージ表示
2020/8/31以前有効期間398日以内の証明書:信頼できる証明書として、SSL暗号化確立
有効期間399日以上の証明書:信頼できる証明書として、SSL暗号化確立

Safariは、iPhoneやiPadなどのApple社製の端末に搭載されています。

この変更は、CA/ブラウザフォーラム(インターネット上の安全なやり取りを維持するための団体)が業界統一基準として行うものでなく、Apple社が独自に行う仕様変更です。

そのため、Safari以外のブラウザで同じようなことはありません。

ただし、今後、他のブラウザがSafariを追随する可能性もありますので、注意が必要です。