SSL証明書更新の流れ

当サイトでは、有効期限30日前から、当サイトで取得したSSL証明書、他サイトで取得した証明書に関わらず、有効期間で損をすることなく更新できます。

  • Digicert / GeoTrust
    • 有効期間の残日数に応じて有効期限を追加
  • Comodo
    • 有効期間の残日数に関係なく30日の有効期間を追加

当サイトで取得した証明書の更新

  1. 更新日60日前に、「更新可能日30日前のお知らせメール」が届きます。
  2. 更新日30日前に、「更新案内メール」と「インボイス案内メール」が届きます。
  3. 「インボイス案内メール」から支払いを行うと、「申請案内メール」が届きますので、更新手続きをしてください。
  4. ただし、「申請案内メール」が届かない場合、前回の申請データを利用して、自動申請されています。
    • オンライン認証の方法も前回申請時に指定した方法で、自動申請されています。
    • オンライン認証方法は、マイページ > マイサービス で確認できますので、確認のうえ、対応してください。なお、マイページで、オンライン認証方法の変更、承認者メールアドレスの変更も行えます。
    • 電話確認など、他の審査対応が必要な場合は対応してください。

他サイトで取得した証明書の更新

更新希望のSSL証明書と同じSSL証明書を購入のうえ、申請手続きしてください。ただし、申請手続きは、更新希望のSSL証明書の有効期限30日前より後に行ってください。

有効期限30日前より前に申請手続きを行った場合、認証局は、更新でなく、新規として受け付けますので、有効期限で損をしてしまいます。

  • DigiCert / GeoTrust
    • 有効期限30日前から更新可能
  • Comodo
    • 有効期限30日前から更新可能