Google Chromeで警告表示されるSymantec・GeoTrust証明書について

2017年12月1日、Symantec・GeoTrustのSSL証明書は、Digicertのシステムによる審査に移行しました。

Symantec・GeoTrustのSSL証明書をお使いのお客様で、以下の条件に当てはまる証明書を利用されているお客様は、期日までに再発行取得いただく必要がございます。

期日までに、再発行取得いただけない場合、期日以降、Google Chromeで警告が表示されます。お手数をお掛けいたしますが、ご対応をお願いいたいます。

再発行取得が必要な証明書

対象1:2016年5月31日以前に発行された証明書

  • 有効期間が2018年3月14日以前の場合
    対応の必要なし
  • 有効期間が2018年3月15日以降の場合
    2018年3月15日までに再発行取得する必要あり

2018年3月15日にベータ版がリリースされる Google Chrome 66より、警告が表示されます。正式版のリリース予定は、2018年4月17日です。

対象2:2016年6月1日~2017年11月30日までに発行された証明書

  • 有効期間が2018年9月12日以前の場合
    対応の必要なし
  • 有効期間が2018年9月13日以降の場合
    2018年9月13日までに再発行取得する必要あり

2018年9月13日にベータ版がリリースされる Google Chrome 70より、警告が表示されます。正式版のリリース予定は、2018年10月23日です。

当サイトでの再発行取得方法

再発行取得が必要な証明書の確認方法

再発行取得が必要な証明書は、マイページで確認いただけます。
マイページ(ログイン) > サービス > マイサービス > 証明書をクリックしてください。
認証局ステータスに以下が表示されたら、再発行取得を行ってください。

再発行取得喚起メッセージ

再発行申請が、少しでも混雑することがないように、この表示は順次行われます。そのため、再発行取得が必要な証明書でも表示されないこともあります。
当サイトは、Symantec・GeoTrustから順次送られる「再発行証明書リスト」を元に表示を行っております。

再発行申請から取得まで、時間を要することがありますので、余裕のある再発行申請をお奨めいたします。

再発行申請方法

マイページから、再発行申請いただけます。以下のページを参考に行ってください。
SSL証明書の再発行申請

再発行取得いただいた証明書は、中間証明書が変更されていますので、再インストールの際、ご注意ください。