トゥルービジネスID with EV

GeoTrust Powered by digicert

1年

¥56,400
(¥62,040)

ジオトラスト トゥルービジネスID with EV(True BusinessID with EV)は、緑のアドレスバーをお手頃な価格で購入したい方にお奨めです。ブラウザのアドレスバーを緑色表示し、サイト運営会社をひと目で確認できるため、サイトの安心を見える化できます。

1ライセンスを複数のサーバにコピーして利用することができるため、トゥルービジネスID with EV(True BusinessID with EV)は、費用対効果の高いサイト運営も可能です。

有効期限内であれば、当サイトのマイページから無料再発行できますので、サーバのクラッシュなど、まさかの時も安心です。

他サイトで購入取得したトゥルービジネスID with EVを当サイトで更新手続きいただいても、GeoTrustの有効期限追加サービスを受けることができます。

価格

1年 ¥56,400(¥62,040)
2年 ¥104,300(¥114,730)

新規申請・更新申請ともに同じ価格

DUNSナンバーがあると、審査パスはスムーズです。

会社名と住所は、DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)で、チェックされます。DUNSナンバーは、未申請でも登録済みということが多くあります。

DUNSナンバーの確認・確保

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます

仕様

名称 トゥルービジネスID with EV
True BusinessID with EV
発行対象 企業・団体(個人不可)
タイプ EV認証(書類提出あり)
ドメイン数 1
暗号化強度 最大 256bit
PC・スマホ Chrome 1.0~ / IE 6~ / Firefox 1.0~ / Safari 3.1~
Android 1.5~ / iOS 3.0~ / Windows Phone 7~
ワランティ $1,500,000
サイトシール
トゥルービジネスID用
ライセンス体系 1ライセンスを複数サーバにコピーして利用可能
利用環境により、複数ライセンスが必要になる場合があります。
ECC対応 非対応
発行までの目安 最短10営業日(通常:2~4週間)
例外あり
再発行 無料(有効期限内)
更新 有効期限60日前から、手続き可能

サイトの安心を「見える化」するGeoTrustのEV SSL証明書!

トゥルービジネスID with EV(True BusinessID with EV)は、EV SSL証明書を安価に取得したい方にお奨めのSSL証明書です。Symantec セキュア・サーバID EVと同等レベルのEV SSLを少しでも安価に取得したい方にお奨めです。

安価なEV SSL証明書ですが、CA/ブラウザフォーラム(インターネット上の安全なやり取りを維持するための団体)で制定された業界統一基準「EVガイドライン」に沿った厳格な審査を経て、発行されますので、高価なEV SSL証明書と同じように、安心してお使いいただけます。

厳格な審査をパスして、発行されるEV SSLは、以下の効果があると言われています。

  • SSL暗号化されていることが判りやすい
  • サイト運営企業が判りやすい
  • コンバージョン率のアップが期待できる
  • フィッシング詐欺対策に効果が期待できる

決済情報を扱うショッピングサイトに最適

カード番号の入力が不安、個人情報の漏洩が不安など、セキュリティへの不安がネットショッピングを阻害するとの報告があります。

この不安を和らげ、サイト訪問者の離脱を防ぎたい場合、EV SSL証明書は効果的と言われています。コンバージョン率改善にも役立ちます。

不動産物件の売買・仲介サイトや弁護士事務所サイトにも

フィッシング詐欺のターゲットになりやすい企業は、銀行や証券会社などの金融関連企業と言われてきました。そのため、EV SSL証明書も金融関連企業を中心に採用されてきた歴史があります。

ところが、米FBIの報告では、まとまった金額が動く、不動産取引企業や弁護士事務所もフィッシング詐欺のターゲットにされやすく、被害が急増しているとのことです。

GeoTrust トゥルービジネスID with EV発行の流れ

ドメイン名使用権の確認

以下のいずれかの方法で確認されます。

  • メール認証
    GeoTrustからのメールをGeoTrust指定のメールアドレスで受信できる方
  • ファイル認証
    ウェブサイトにGeoTrust指定のファイルをアップロードできる方
  • DNS認証
    DNSレコードにGeoTrust指定の認証文字列を追加できる方

英文会社名の確認

当サイトから申請した英文会社名とCSRの入力会社名が、以下のいずれかの方法で確認できる必要があります。

  • DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)登録の英文会社名(GeoTrustがウェブ確認)
  • 有価証券報告書記載の「英訳名」(GeoTrustがウェブ確認)
  • 定款に記載された英文会社名(要提出)
  • 弁護士が作成した意見書(要提出)

法的存在の確認

当サイトからの申請情報とCSRの入力情報が、以下の方法で確認できる必要があります。

  • 登記事項証明書で、確認できる住所など(認証局がウェブ確認)

ウェブ確認不可の場合、提出が必要です。

物理的存在の確認

当サイトからの申請情報とCSRの入力情報が、以下のいずれかの方法で確認できる必要があります。

  • DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)登録の英文住所(認証局がウェブ確認)
  • 弁護士が作成した意見書(要提出)

事業の存在確認

設立から3年未満で、かつDUNSナンバーで物理的存在が確認できない場合、金融機関発行の「口座開設状況に関する証明書」など、追加書類の提出が必要になります。

申請責任者の権限確認

以下のいずれかの方法で確認されます。

  • 登記事項証明書の「役員に関する事項」に記載されていること
  • DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)に役員として登録されていること
  • DUNSナンバーで確認できる代表電話番号に連絡し、在籍確認できること

電話確認

第三者データベース(DUNSナンバーまたは、iタウンページ)で確認できた代表電話番号宛に電話が掛かります。

電話は、原則、日本語で入ります。

電話確認

GeoTrust トゥルービジネスID with EVの発行

GeoTrustからメールで届きます。マイページからダウンロードすることもできます。

申請から発行までスムーズにしたい方へ

しっかり申請準備することで、ジオトラスト(Geotrust)の審査をスムーズにパスできます。

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます