エリートSSL(Elite SSL)

COMODO Powered by Sectigo

1年

¥11,200
(¥12,320)

Comodo エリートSSL(Elite SSL)は、安価で有名なTrue BusinessIDと同等レベルの証明書をもっと安価に取得したい方にお奨めです。SSL証明書が原因で、サイト訪問者が被害を受けた場合の補償(ワランティ)も750,000USドルとComodo企業認証で最大です。Comodoで一番安心できる企業認証SSL証明書です。

ダイナミック(動的)に生成されるサイトシールは、マウスオーバーまたは、クリックすることで、会社の登記情報が表示され、Webサイトの信頼度をアピールできます。サイトを初めて訪れる方からも信頼感を獲得できますので、ネットショップや企業サイトにお奨めです。

Comodo エリートSSLは、サーバへの負荷を低減できるECC対応です。サイト訪問者の増加、常時SSL化など、サーバへの負荷が増大する環境で、サーバへの負荷を犠牲にすることなく、サイトのセキュリティを高めることができます。

他サイトで購入取得したエリートSSLを当サイトで更新する場合でも、一律で有効期限が60日追加されますので、損をすることはありません。(更新は有効期限60日前から)また、再発行手続きも当サイトマイページから簡単申請できます。

BestSSL独自のサービス
当サイトは、新規・更新に関わりなく、Comodo証明書発行時に60日の有効期限ボーナスをプレゼントしています。詳しくは、こちら

価格

1年 ¥11,200(¥12,320)
2年 ¥20,650(¥22,715)

新規申請・更新申請ともに同じ価格

DUNSナンバーがない場合、審査パスできません。

会社名・住所・電話番号の確認は、DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)が利用されます。登記事項証明書やiタウンページは利用されません。DUNSナンバーは、未申請でも登録済みということが多くあります。

DUNSナンバーの確認・確保

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます

仕様

名称 エリートSSL
Elite SSL
発行対象 企業・団体(個人不可)
タイプ 企業認証(書類提出不要)
ドメイン数 1
暗号化強度 最大 256bit
PC対応 Chrome 1.0~ / IE 6~ / Firefox 1.0~ / Safari 3.1~
スマホ対応 Android 1.5~ / iOS 3.0~ / Windows Phone 7~
ワランティ $750,000
サイトシール
コモド(Comodo)トラストロゴ
ライセンス体系 1ライセンスを複数サーバにコピーして利用可能
利用環境により、複数ライセンスが必要になる場合があります。
ECC対応 対応
発行までの目安 最短即日(通常:1~4日営業日)
例外あり
再発行 無料(有効期限内)
更新 有効期限60日前から、手続き可能

Comodoで一番安心できる企業認証SSL証明書

エリートSSL(Elite SSL)は、Comodoが発行する企業認証SSLで一番安心できる証明書です。しかも、GeoTrustのドメイン認証SSLの定番であるクイックSSLプレミアムとほぼ同じ予算で、所得することができます。

エリートSSLは、サイト運営組織の法的存在を確認して発行される証明書ですので、ドメイン使用権のみを確認して発行されるクイックSSLプレミアムと比較して、より高い信頼をサイト訪問者から得ることができます。

次世代暗号アルゴリズム”ECC”に対応

Comodo エリートSSLは、CSRを生成する際の公開鍵暗号のアルゴリズムとして、ECC(楕円曲線暗号)を選べます。ECCは、サーバへの負荷を犠牲にすることなく、サイトのセキュリティを高めることができる次世代の暗号アルゴリズムです。

ECCは、従来のRSAと同等以上のセキュリティ強度を保ちながら、鍵長を2048bitから256bitへ削減できます。(ECC 256bitは、RSA 3072bitと同等の暗号強度)

そのため、サイト訪問者の増加、常時SSL化など、サーバへの負荷が増大する環境で、より多くの処理を可能にしながら、サイトのセキュリティを高めることができます。

申請から発行までの流れ

  1. 購入手続き
    • このページの「カートに入れる」から購入してください。注文確認メール(請求書添付)が届きます。
  2. 申請手続き
    • 支払いを完了すると、支払い確認メール(領収書添付)と申請案内メールが届きますので、申請手続きしてください。
    • 企業認証SSL証明書発行までの流れを参考にスムーズに取得してください。
  3. 証明書のインストール
  4. 更新

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます