インスタントSSL プロ

Instant SSL Powered by Sectigo

1年

¥6,500
(¥7,150)

インスタントSSL プロ(Instant SSL Pro)は、手軽に手に入れられる企業認証SSLです。インスタントSSLは、Comodoの廉価版ブランドです。

SSL証明書が原因で、サイト訪問者が被害を受けた場合に支払われる補償(ワランティ)を、100,000USドルに抑えることで、低価格を実現しています。

SSLに予算を割けない開業間もない企業のコーポレートサイトや商品サイトにお奨めです。会社の登記情報が確認できるサイトシールも使用できます。

Comodoジャパン販売の「企業認証タイプ(プロオプション)」は、この証明書です。こちらで確認できます。

他サイトで購入取得したインスタントSSL プロを当サイトで更新する場合でも、一律で有効期限が60日追加されますので、損をすることはありません。(更新は有効期限60日前から)また、再発行手続きも当サイトマイページから簡単申請できます。

BestSSL独自のサービス
当サイトは、新規・更新に関わりなく、Comodo証明書発行時に60日の有効期限ボーナスをプレゼントしています。詳しくは、こちら

価格

1年 ¥6,500(¥7,150)
2年 ¥11,400(¥12,540)

新規申請・更新申請ともに同じ価格

DUNSナンバーがない場合、審査パスできません。

会社名・住所・電話番号の確認は、DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)が利用されます。登記事項証明書やiタウンページは利用されません。DUNSナンバーは、未申請でも登録済みということが多くあります。

DUNSナンバーの確認・確保

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます

仕様

名称 インスタントSSL プロ
Instant SSL Pro
発行対象 企業・団体(個人不可)
タイプ 企業認証(書類提出不要)
ドメイン数 1
暗号化強度 最大 256bit
PC・スマホ Chrome 1.0~ / IE 6~ / Firefox 1.0~ / Safari 3.1~
Android 1.5~ / iOS 3.0~ / Windows Phone 7~
ワランティ $100,000
サイトシール
サイトシール
ライセンス体系 1ライセンスを複数サーバにコピーして利用可能
利用環境により、複数ライセンスが必要になる場合があります。
ECC対応 対応
発行までの目安 最短即日(通常:1~4日営業日)
例外あり
再発行 無料(有効期限内)
更新 有効期限60日前から、手続き可能

安価と信頼感アップを両立したい人に最適な証明書

安価なSSL証明書を活用したいと考えた場合、第一の選択肢は、ドメイン認証SSLです。けれども、ドメイン認証SSLは、サイト運営組織の法的存在を確認しないで発行されるため、法人サイトには向かないとの考え方があります。証拠に、著名なIT企業のほとんどのサイトは、ドメイン認証SSLではなく、企業認証SSLを採用しています。

インスタントSSL プロ(Instant SSL Pro) は、安価でもサイト運営組織の法的存在を確認して発行される証明書ですので、 僅かな予算で、 著名なIT企業のサイトのように企業認証SSLを導入することが可能です。サイト訪問者に対する信頼感の大幅アップを期待できます。

スマホ・主要ブラウザに対応

インスタントSSL プロ(Instant SSL Pro) は、 ルート認証局であるComodoが発行する証明書です。ルート認証局のルート証明書は、スマホや主要なブラウザに搭載されていますので、スマホや主要ブラウザで、SSL暗号化通信を確立できます。

証明書発行認証局が、中間認証局の場合、ルート認証局のルート証明書にチェーンすることで、SSL暗号化を確立しますので、スマホ・ブラウザ対応率が低くなることがあります。

次世代暗号アルゴリズム”ECC”に対応

Comodo インスタントSSL プロは、サーバに負荷を掛けることなく、サイトのセキュリティをアップできる「ECC」に対応しています。

CSRを生成する際、ECC(楕円曲線暗号)を選ぶことで利用いただけます。通常は、RSA 2048bitでCSRを生成しますが、ECCは、256bitでCSRを生成・申請することができます。ECC 256bitは、RSA 3072bitと同等の暗号強度になります。

サーバ負荷が増大した際、サーバのスペックアップで対応するのが一般的ですが、ECCによるSSL証明書を利用することでも対応できる場合があります。

インスタントSSL プロ (Instant SSL Pro)発行の流れ

ドメイン名使用権の確認

以下のいずれかの方法で確認されます。

  • メール認証
    ComodoからのメールをComodo指定のメールアドレスで受信できる方
  • ファイル認証
    ウェブサイトにComodo指定のファイルをアップロードできる方
  • DNS認証
    DNSレコードにComodo指定の認証文字列を追加できる方

法的存在の確認

当サイトからの申請情報とCSRの入力情報が、以下の方法で確認できる必要があります。

  • DUNSナンバー(東京商工リサーチのデータベース)で、確認できる英文会社名と英文住所(Comodoがウェブ確認)

電話確認(コールバック)

コモド(Comodo)から届くコールバックメールから、自動音声の電話(日本語指定可)を依頼し、対応します。

電話は、第三者データベース(DUNSナンバー)で確認できた代表電話番号宛です。自動音声の電話は、依頼直後に入りますので、都合の良い時間に行うことができます。

電話確認

インスタントSSL プロ (Instant SSL Pro)の発行

Comodoからメールで届きます。マイページからダウンロードすることもできます。

申請から発行までスムーズにしたい方へ

しっかり申請準備することで、コモド(Comodo)の審査をスムーズにパスできます。

複数の証明書を入れても、申請は別々にできます